主の幸福がシモベの幸福であるのは、

主の幸福がシモベの幸福であるのは、

はじめまして。
性的なSMというよりも、「忠誠」「思慕」「敬愛」といった言葉であらわされるような、本来の意味での主従関係を築けるシモベを探しています。
長文である上に、多くの方にとって意味不明な内容になってしまうと思うので、こんな方に読んでほしいというポイントを先に列挙します。

・東京近郊に在住で、ネット上ではなく現実世界での主を探している
・プレイとしてのSM、性欲を満たすためのSMは、あってもいいが必要なわけではない
・主に献身的に尽くし、その過程を認められ、承認されることで満たされると思う
・献身的に尽くしたいと心から思えるような、尊敬できる主を探している
・昔から容姿が優れていると評価されてきた
・主が既婚であること、他にもシモベがいることに耐えられる
・自分は精神的に成熟しているはずなのに、なぜか生き甲斐を感じられない

当てはまっていたら続きをお読みください。
読み進めるなら、ご自分の心の動きによく注意して。

きっと、あなたには彼氏がいたことがあるでしょう。
男性から大切にされたり、あるいは憎まれたりすることに慣れているし、想いを寄せられた経験もうんざりするほどあるでしょう。
でも、あなたは「男性」という存在に満たされたことがない。
だから、この掲示板を見ているし、だから、僕のこの書き込みに目を留めたのですね。

あなたが満たされない理由は簡単です。
あなたは正しい主に仕えるシモベとなるべく生まれたのに、そうしていないから。

僕があなたにとっての正しい主であるのかは分かりませんが、僕の望みや、持っている世界を少しだけ覗いてみることは、あなたの本当の願望を理解する助けになるかもしれません。

僕には現在、妻と、非常に優秀なシモベがひとりいます。どちらも心から大切な存在です。
つまり僕は現在不倫をしています。

妻には僕がどういう人間であるか明かしてあり、いずれ結婚という枠組みの外側に主従関係を求めるであろうことは説明してあるので、不倫という行為自体は僕の道徳観を苛みはしません。
が、やはり妻には妻としての幸せを感じていてほしいと思うので、僕が外に持っている別の世界のことは一切感じさせないようにしています。
夫婦仲はとても良好です。

一方シモベの方は、僕という人間の一面を極めて正確に把握していて、僕が欲しいものを提供してくれています。
彼女は男ならだれもが手に入れたいと望むような美しさと成熟した賢さを持った女性で、とても誰かのシモベであるようには見えません。
しかし彼女は、僕がホテルで脱ぎ散らかした服を微笑みながらたたんでくれるし、ほんの少し気になる素振りを見せた本を次に会ったときに贈ってくれるし、僕がそうしてほしい場面ではずっと沈黙を守ってくれます。当然のように。
彼女は僕の忠実なシモベであり、お互いを尊重し合うパートナーであり、便利な道具であり、ときには保護者や騎士ですらあります。
僕があなたに期待するのは、そのような役割を担える2人目のシモベとなることです。

疑問に思いませんか。

なぜ、シモベの彼女はそんなにもこの人に尽くすのだろう。

僕はなんの変哲もないただの男です。さほどひどくはないにせよ、黙っていても女性が寄ってくるというような容姿ではないし、特殊な職業についているわけでもありません。しかも既婚者だから、将来結婚できるわけでもない。
ではどうして彼女は僕に仕え、尽くしてくれるのでしょうか。

答えはシンプルです。
そうすると幸せだからです。
だって、彼女は、そしておそらくあなたも、たったひとりの主のシモベとなるために生まれてきたのだから。

彼女はよく、「こんなにも尽くさせてくれて、本当にありがとうございます」と言います。
「〇〇様がコップだとしたら、私はそのコップをできる限りの献身で満たすんです。満たして満たして、最後にコップから溢れたら、それが私の心も満たしてくれるんです。だから、こんなにも尽くさせてくれてありがとうございます」
ここまで読み進めてくれたあなたには、彼女の言葉の意味が分かるのではないでしょうか。
羨ましい、とも感じるかもしれません。
そんな風に私も感じてみたい、と。

あなたは変ではないですよ。
もし、自分は変なんじゃないかな、と思っているのだとしたら。
ただ、愛情のレセプタが少し特殊な形状をしているだけです。
あなたは、愛する人を満たすことで満たされる、とても素敵な性質を持っているんです。
尽くすことで満たされる人がいて、尽くされることで満たされる人がいて、二人が互いを満たしあうのであれば、それってすごく深くてすごく綺麗な関係だと僕は思います。
あなたも、そう思いませんか?

僕は自分を客観視する力は一応人並みに持っていて、さっきもなんの変哲もないただの男、と謙遜しましたが、実はけっこうナルシストでもあるんです。
そして、僕はある種の人間にとって非常に強い魅力を持った人格だと自負しています。
ある種の人間、つまりあなたのように、忠誠を捧げる主を探している人間に、です。

僕は現在27歳の男性です。背がそこそこ高く、見た目も中身も温厚で頭が良いと評されることが多いです。
その評価は実際当たっていて、めったに腹を立てることはありません。言葉を交わす相手の善性を信じているし、この人が今日も幸せでありますように、と無意識に思っています。苦手な人もほとんどいません。
周囲の人間よりも自分のほうが頭が良いな、とたいていの集団においては嫌味でなくそう思いますが、情報の処理速度というよりも、抽象化や連想や閃きが得意な、どちらかというと創造に向いた頭の良さだと思います。

そんな温厚で頭の良い人間であるにも関わらず、僕はお分かりの通りエゴイストです。
エゴイストでありながら、相手の感情を慮る力が欠落しているわけではなく、むしろ長けています。
たくさんのものを持っているのに、いつも満たされない気持ちを抱えています。
真面目に生きていますが、ふざけた内面をときどき解放します。
いくつもの相反する願望を抱えていて、それらすべてを満たしたいという欲望を持っています。
要するに、たくさんの矛盾がある人間なんです。
その矛盾が、主を求める方への訴求力となっているのかもしれません。

そう、願望。
僕に仕えるために生まれてきた忠実なシモベを見出して、その忠誠を受け、報いたいという願望。
あなたに理解してほしいのは、この僕の願望は、個別の行為を指しているわけではないということです。
服をたたんでもらうことも、本を贈ってもらうことも、沈黙を守ってもらうことも、すべて嬉しいですが、別にその行為自体はあってもなくてもいいんです。
大切なのは、それらの献身でシモベが示そうとしてくれている、忠誠心です。
言っていること、あなたなら分かってくれますよね?

あなたは優しくて優秀で、しかもシモベになるべく生まれた人間だから、息苦しさを感じたことがあるかもしれません。
「人にこんなに尽くしちゃいけないんだ」と。
友人同士、恋人同士といった関係では、あなたが良かれと思って差し出す忠誠心は、相手を当惑させたり、スポイルしたりしたことでしょう。
対等な人間関係に暗黙に存在する返報性という性質や、心の弱さが、相手をそうさせるんですね。
あなたは、こんなに尽くしたのだから私にも尽くしてほしい、などと求めたことは一度もないのに。
でも、それは仕方のないことです。あなたの忠誠心を受け取るには、あなたの属性を正しく理解していなければならないのです。

主には、いくらでも忠誠を捧げていいのですよ。
沈痛な面持ちで「重い」と告げられたり、彼の美しかった部分がねじ曲がって損なわれたりすることはありません。
安心して、好きなだけ、あなたが満たされるだけ尽くしていいいのです。

あなたに必要なのは、同じように尽くしてもらうことではなく、手応えですよね。
自分の献身がたしかに主を満たしているという手応え。
僕は様々な方法で、たしかに君の忠誠心を受け取ったよ、というフィードバックをあなたに返すでしょう。
それは直截な言葉かもしれません。たとえばあなたの目をまっすぐに見つめて告げる、「ありがとう」のような。
あるいは頭を撫でることかもしれないし、手を強く握ることかもしれません。
小さなうなずき、恍惚、あなたの頬を包む手の温かさ、額へのキス、鼻歌、口元にわずかに浮かぶ喜び。
あなたは僕が満たされたことを読み取り、そこに込められた強い信頼と承認を糧に、さらにその忠誠心を深めることができるでしょう。
それこそがあなたの欲している関係、満たしあう主従関係です。
違いますか?

あなたが僕の探している相手なら、ここまで読んだ中で静かに確信していると思います。
これは私のことだ。この人が探していた相手だ。
あなたがそう感じるのであれば、きっと僕もあなたのことが欲しいと感じるでしょう。

あなたにはいくつか尋ねたいことがあるはずです。
そのほとんどは、別に後から訊いても大差ない質問だと思いますが、いくつか先に答えておきます。

まず、仕えるとは具体的にどういうことをすればよいのか、という点について。
主に対する献身があなたを満たしてくれることは漠然と想像できると思います。
でも、実際にどんなことをすればいいのかは分からないですよね。誰も教えてくれたことがないから。
基本的には僕が喜びそうなことは思いついた端からなんでもしてください。
マッサージでも、コーヒーの注文でも、性的な奉仕でも、適切な挨拶でも、なんでもいいんですよ。
というのも、上でも説明した通り、僕はあなたの行為の裏に見える忠誠心こそを望んでいるからです。
だから、あなたが僕のためになると思ってしてくれる行為はなんでも喜ぶでしょう。
極端なことを言えば、僕が喜ぶと本当に思うのであれば、ビンタしてもかまいません。
最初のうちは、僕の好みの問題に関しては、こうしてほしい、と言葉にすると思います。ただそれは最低限の部分です。
あなたは僕に必要なものを読み取って、先んじて提供しようと努めるんです。それこそがあなたの幸福なのだから。
もちろん、あなたが伸び伸びと自身の献身性を発揮できるように環境は整えますけどね。

次にSMについて。
僕がここまで書いた主従関係は、この掲示板で語られるようないわゆるSMとはかなり違うものです。
でも、あなたは非常に高い確率でマゾヒズムを内包しているでしょう。
では、いわゆるSMプレイをするかどうか。
答えは、あなたの忠誠心を高めるためならする、です。
首輪も手錠も目隠しも縄も、僕は美しいものだと思っています。平均的な男性よりも、それらを上手く扱う経験があるとも思います。
なので、僕とあなたに必要なのであれば、必要に応じて。

それから条件について。
容姿が優れていることは必須ですか? という質問に対しては、はい。ただ、あまりナーバスになりすぎなくてもいいです。
~歳なのですがいいですか? の質問は逆に、容姿が優れていて成年ならいくつでも。
どのくらいの頻度で会えますか? 既婚者なので、月2、3回ほどになるでしょうか。
~在住なのですがいいですか? その頻度で東京に会いに来られるなら。

この人だ、どうしよう
そう思っているあなたが次に取るべき行動は、僕にメールを書くことです。

この文章を読んでどう思ったか。
自分はどんな人間か。
どんな経験をしてきてそのような人間になったのか。
自分の主にはどんな風に仕えたいか。
不安に思うことはなにか。
質問はなにか。

そんな内容を書いてください。
アドレスはこの文章の一番最後に記載するので、途中のアルファベット3文字を半角小文字に直して送ってくださいね。
メールをもらった後は僕がリードします。
次の3人目のシモベは当分作るつもりがないので、メールしてくれるならお早めに。

言葉がすとん、と心に落ちるのは、理性の外側でその言葉を理解したからですよね。
あなたのことを探してたんですよ。


友だち追加follow & DM


この方へメールで直接連絡をしてみたい方は、下記フォームよりお願いします。

書き込んだ内容はリアルタイムで投稿した男性に届きます。まずはニックネームや捨てアドで、気軽にお話してみてください。 サイトは主従交際には関知しませんので、費用などは一切掛かりませんが、自己責任で慎重ににお付き合いください。


関連記事


SMクラブのお仕事


おすすめ記事

S男性からのM女募集情報

  1. 多頭飼いによる集団調教ハウス

    多頭飼いによる集団調教ハウス

    福岡の郊外で3LDKの家をM女性に開放しています。住む所や食事の心配はありませんので、生活を立て…
  2. 処女のまま淫乱奴隷に。

    処女のまま淫乱奴隷に。

    重度の変態のみ募集します。条件は処女であること、マゾ女であること。目隠し、拘束、イラマに…
  3. 福岡媚薬調教セックス

    福岡媚薬調教セックス

    当方ご奉仕好きの40代です。チンコを舐め続け、求め続けてしまう海外の媚薬を試してみませんか?…
友だち追加follow & DM